読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デリケートゾーンの臭い消しに効果的な方法とは?

デリケートゾーンの悩みにを解決!気になるデリケートゾーンの臭い消しに効果的な方法を紹介しています。

おりものの臭い、不快感、対策は?

毎日分泌されるおりもの。

 

人によってその量は個人差があるものの、おりものって

 

とっても不快なものですよね。


おりものが気にならないという人もいるようですが、

 

自分にとっておりものシートは欠かせないものとなって

 

しまっています。


おりものシートをつけていないと、落ち着かないし、

 

不安になってしまうのです。


おりものシートをしていないで、おりものが出ると下着が

 

濡れたような感じになりますよね。すぐ乾くのですが、

 

トイレの度に汚れた下着を見るのがとても嫌です。


下着を取り換えるという人もいるようですが、外出先だと

 

面倒ですよね。

 

f:id:yoshii8:20170322213859j:plain


おりものシートなら、汚れたら新しい綺麗なものに取り替え

 

れば済むし、下着も汚れないので便利です。

 

おりものシートを付けない人の中には、デリケートゾーンが

 

痒くなったり、かぶれたりする人もいます。

 

肌に合うかもとても重要なことですね。


幸い私は、おりものシートでデリケートゾーンがかぶれたり

 

することはありませんでした。


しかし、おりものシートがたまにヨレてしまって、変に肌に

 

当たる感じがすることがあり、そういう場合はとても不快な

 

感じがしました。

 

おりものの不快をなくすために、シャワーセペなどで、

 

膣内を洗浄することもあります。


べとつくおりものが続いたりしたときは、デリケートゾーンが

 

なんだかすっきりしなくて気持ちが悪いです。

 

そんなとき、膣内を洗ってあげると、すっきりするし、

 

おりものが少なくなります。そう何日も続くことではないのですが、

 

たまに膣内を洗浄してあげると、とても気持ちがいいものです。

 

ただし、膣内は自浄作用があり、雑菌から守る善玉菌が

 

常在しています。洗いすぎによってこの善玉菌がなくなると、

 

膣内に雑菌が繁殖して臭くなってしまうことがありますので、

 

洗いすぎはNGです!!注意しましょう。

 

おりものシート選び、個人的には香りのついていないものを

 

お勧めします。


おりものの臭いと混ざって余計い臭くなることもあるので。

 

しかし、一番のおすすめは

 

使い捨てのおりものシートはとても便利なのですが、

 

使うとハマってしまうのが


布のおりものシートです。

 

洗う手間はあるけれど、慣れればなんてことありません。


肌への負担もなく、特にかぶれやすい人にはお勧めです。


繰り返し使えるからコスパにも良いですよ。

 

 

 

40代・・・

 

体力の衰えも少しずつ感じはじめ、

 

女性も男性も体臭とか加齢臭というのが気になる

 

年齢ではないでしょうか。


特に女性の場合は更年期があります。

 

更年期は一般的に40代半ばから50代半ばにかけての

 

時期をいいますが、

 

ホルモンのバランスの乱れがあったり、

 

頭痛、怠惰感、閉経したりと、身体の変化が多くみられ、

 

それとともに心も不安定になる場合もあります。

 

 

あそこが臭くなった!原因は?

 

40代になって、あそこが臭い!

 

と感じる人がいます。

 

なぜ40代過ぎてから自分のあそこから臭ってくる

 

のでしょうか。

 


すそわきがは体質的なことで、突然なるとは考えにくいですね。

 

女性の膣の中はデーデルライン桿菌という常在菌のおかげで、

 

雑菌の繁殖を抑えたり環境を整えてくれています。常に酸性の

 

状態にあります。

 

しかし、40代ともなると、徐々に女性ホルモンも減少

 

していき、このデーデルライン桿菌も減っていくのです。

 

そうすると、雑菌が繁殖しやすくなり、

 

においを発生させてしまいます。

 

 

f:id:yoshii8:20170225211249j:plain

 

あそこの洗い過ぎもNG!

 

あそこが臭いからといって

 

あそこを洗いすぎてしまうのはNGです。

 

膣内の環境を保ってくれている、デーデルライン桿菌を

 

洗い過ぎによって殺してしまうことになるからです。

 

デリケートゾーン専用の石鹸等で、デリケートなあそこを

 

丁寧に洗いましょう。

 

尿漏れかも!?

 

40代以降、尿漏れに悩む女性がたくさんいます。

 

筋肉量が減少することで、骨盤底筋が衰えるのが

 

原因かもしれません。

 

くしゃみなど、突然腹筋に力が入ったりしたときに

 

尿が漏れてしまったという経験はないですか?

 

突然そんなことにならないように、早めに対策を

 

考えたほうがいいですね。

 

適度な運動を習慣にして、筋肉量を増やしていきましょう。

 

年齢に関係なく、トレーニングをすれば、筋肉を鍛えることができます。

 

骨盤底筋が衰えるのも年齢と思えば仕方がないのですが、

 

トレーニングすることで改善することもできるのです。

 

「骨盤底筋トレーニング」という方法w

 

ぜひ実行してみてくださいね。

 

性感染症にも注意

 

40代後半くらいから更年期障害や閉経などで、

 

女性ホルモンが乱れてストレスも感じることでしょう。

 

ストレスや過度な疲労感で身体が抵抗力を失うと、

 

感染症にかかりやすくなるので注意しましょう。

 

おりものの増加や悪臭、陰部の痒みがあったら早めに

 

検査したほうがいいでしょう。

 

 

 

あそこの臭いが気になって婦人科を受診しても、特に

 

異常なしと言われるケースは多いようです。あまり神経質

 

にならずに、普段からあそこのケアもきちんとして

 

おくと予防につながります。

 

雑菌を繁殖させないためには、清潔にしておくことが

 

大切なのです。

 

汗や蒸れによる不快感もデリケートゾーン専用の石鹸や

 

ボディソープなどで、さっぱりさせましょう。

 

デリケートゾーン専用のものなら、臭いを抑えてくれる

 

効果も期待できます。

 

陰部の黒ずみ除去にシミくすみ対策の化粧水を使っていいの?

デリケートゾーンの黒ずみ

陰部の黒ずみ除去は女性が抱える悩みの中で上位に入る

 

テーマですね。

 

「あそこは黒ずんでる?」な

 

んて、友達に気軽に聞けるようなことではありません。

 

できれば誰にも知られずに、ケアしたいのが本音だと思います。

 

陰部の黒ずみの原因を調べれば、メラニンの色素沈着

 

だとういうことがわかります。


シミやくすみの原因と同じですよね。


シミやくすみの予防・改善のために作られた製品は多いけれど、

 

それらは陰部の黒ずみにも効果があるのでしょうか。

 

f:id:yoshii8:20170210112042j:plain


デリケートゾーンに使える化粧水は?

 

顔のスキンケアといえば、

 

化粧水→乳液→美容液


といったのが一般的なケア方法です。


化粧水でまずは肌を整えるという感じでしょうか。


化粧水は肌へ浸透していく感じがいいですよね。

 

その後に乳液やクリーム等で蓋をするように潤いを閉じ込めるわけですね。

 

 

同じ美白効果があるなら、デリケートゾーンにも使えるのでは?


と思い、シミくすみ対策用で美白効果ある化粧水を陰部にも

 

つけてみました!

 

コットンに化粧水を含ませパッティング! 

 

なんとも不思議な感覚です。((笑))

 

VIO脱毛をしているわけではないので、アンダーヘアが邪魔をします。


そしてアンダーヘアが湿ってしまって、ティッシュで拭く始末・・・。

 


効果は即効性があるわけではないので、数か月持続しないと

 

意味がないですよね。

 

正直、このケアを毎日というのは続きそうもありません(泣)

 

しかも、なんとくデリケートゾーンが痒くなってきました。

 

肌に合わなかったのでしょうか。

 

デリケートゾーンは皮膚が薄いと言われていて、刺激に弱いですよね。

 

 

一般的な美白化粧水を陰部に使うのは、肌のトラブルを引き起こす

 

ことになるかもしれないと思いました。

 

やはり、デリケートゾーンには、デリケートゾーン専用のものがお勧めです。

 

 

デリケートゾーンの性質に合わせて開発された商品は低刺激で、

 

無香料のものも多く、肌に負担のかからない成分で作られています。

 

自分にに合った商品を見つけてみてくださいね!

陰部の黒ずみを綺麗にしてくれる商品が知りたい!口コミは?

デリケートゾーンの黒ずみ

たくさんの女性が悩んでいいる陰部の黒ずみ!

 

そう簡単に白くなるわけではない、と思いつつも、

 

ケアしないと黒ずんだままです。


長い年月が経てばそれなりに黒ずみも頑固に!


なるべく早めの対策がいいですよ!

 

でも、レーザー治療はなんだか不安だし、

 

自宅で誰にもバレずにケアしたい!

 

そう思って人気の商品を調べてみました。

 

f:id:yoshii8:20170210103057j:plain


イビサ

多数メディアでも紹介されていて、一度は雑誌などで目にした

 

人もいるのでは?


デリケートゾーンの黒ずみケアで人気のイビサクリームです。


メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸とお肌の荒れを

 

防止してお肌を整えてくれるグリチルリチン酸2Kを配合しています。

 

この2つの薬用成分で黒ずみをケアしてくれんだとか。

 

美白成分としてもお馴染みのトラネキサム酸は使用されている

 

となると効果ありそうですね。

 

人気の理由がわかる口コミはこちら

 

・2週間ほどで黒ずみが薄くなったのを実感しました。

体質と相性が良かったようです。


・白っぽい色で、テクスチャーも柔らかく、伸びもいいです!


・香りが苦手なので、無香料なのが嬉しい


コスパが良い。毎日塗っても使いきれないくらいたっぷり

入っているのでおしげもなく塗りたくっています!


・人にバレたくないから、化粧品みたいなかわいいデザインでよかった


・レーザー脱毛で黒ずんでしまったデリケートゾーンが気にならなくなった


・数か月で効果がでました!

 

 

 

デリケートゾーンケア専門チームが開発した商品だから安心して使えますね!

 

 

ホワイトベール ディープクリアジェル


ホワイトエールはサプリメントでも有名ですよね。


こちらも多数メディアに紹介されていて、

 

知る人ぞ知る人気の商品です。

 

デリケートゾーン以外にも、乳首やワキ、膝裏などの

 

黒ずみケアにも使えます。

 

幅広く使えるところが人気の秘密なのかもしれませんね。

 

ホワイトベール ディープクリアジェルの口コミはこちら

 

・ジェルタイプでクリームタイプよりも肌へぐんぐん浸透していく感じで効果が期待できる!


・ガサガサで黒ずんでいたけど、保湿効果もあって良くなった


・彼に綺麗になったと喜んでもらえました


・黒ずみが薄くなるのには時間がかかったけど、保湿効果で肌はすぐにスベスベになりました!


・刺激もまったくなくて使いやすい

 

 

 

薬用美白クリーム  ホスピピュア


湘南美容外科クリニックと共同開発した薬用美白クリームです。


有名なクリニックが開発したとなると、安心感がありますよね。


また、薬用美白ということで効果も期待できそうです!


ホスピピュアの口コミはこちら

 

・1ヶ月くらいで、少し黒ずみが薄くなってきた気がします。


・デリケートゾーン以外に、ワキとか全身の気になる黒ずみに

使えて便利です。


・なめらかなテクスチャーで伸びがよい!


・エアレスポンプ式なので、最後まで衛生的に使えるのもよい。


・2ヶ月目くらいから効果が見え始めました!肌との相性がいいのかも

 

 

 

いかがですか?


数か月で効果を実感したとう声は多数あります。

 

蓄積された黒ずみを綺麗にするのは簡単なことではないので

 

使い続けることが大事ですね。

 

 

 

 

陰部の黒ずみ除去にハイドロキノン成分は効果的なのか

デリケートゾーンの黒ずみ

本気で陰部の黒ずみをなくしたい!

 

美白成分に詳しい人なら、美白効果の高いハイドロキノン

 

すでにご存じでしょう。


陰部の黒ずみも、シミを消すのと同じように、ハイドロキノン

 

が有効だと思っていませんか?


ハイドロキノンって?

ハイドロキノンって、どんな成分かちょっと説明します。


「肌の漂白剤」とまで言われているほど、

 

美白作用の高い成分なんです。


扱うには、少々難題もあり、アメリカではすでに認可済みですが、

 

日本では濃度制限があるんです。


一般に販売されているハイドロキノンを配合したクリームでは、

 

ハイドロキノンが4~5%というのがギリギリラインです。

 

皮膚科では、医師のもと処方されるので、もう少し濃い濃度の

 

ものを使うことができます。


ハイドロキノンはとても酸化しやすい成分です。

 

そのため長期保存が難しいので、ハイドロキノン配合のクリームは、

 

短期間で使い切れる量になっているのが一般的です。

 


ハイドロキノンは美白効果が高い分、肌への刺激も強いので

 

取り扱いには注意が必要です。


市販されている商品も必ずパッチテストをしてから使用する

 

ように記載されているはずです。

 

濃度を薄めてハイドロキノンを配合した商品はありますが、

 

濃度が薄い分、効果もそれなりといえます。

 

高濃度のハイドロキノンを使用したい場合は皮膚科へ行くしかありません。


医師の判断と正しい使い方、保存方法をきちんと守っていれば、

 

美白効果は高いでしょう。

 

f:id:yoshii8:20170209225349j:plain


陰部の黒ずみ対策にハイドロキノンはリスクがある?

 

ハイドロキノンが気軽に使用できる成分ではないことが

 

おわかりいただけたでしょうか。


肌への刺激が強いことから、デリケートな陰部の皮膚に

 

使うことは避けたほうがよさそうですね。

 

また、ハイドロキノンメラニン生成細胞であるメラノサイト

 

減少させてしまいます。


そうすると、メラニン色素が無くなった一部分だけが

 

白くなってしまって、白い斑点ができたように見えてしまうのです。


こういった副作用もあるので、陰部への使用はやめましょうね。

 

どうしても!

 

って言うのならば医師に相談しましょう

 

 

デリケートな陰部にはやはり、デリケートゾーン専用のクリームや

 

美容液等がお勧めです。


ハイドロキノンはダメでも、美白有効成分である、

 

トラネキサム酸

グリチルリチン酸2K
ビタミンC

 

が配合されたものも、陰部の黒ずみにとても有効なのです。

 

こういった成分の商品を試してみてはいかがでしょうか。

 

陰部の黒ずみを解消できる市販薬はある?

陰部の黒ずみが気になってしかたがないのですが、

 

ドラッグストアなどで買える市販薬ってあるのかな。

 

そう思って、近くのドラッグストアで探してみました。

 

ドラッグストアって便利ですよね。


目移りしてしまうほどたくさん気になる商品が並んでいて、

 

見ているだけでも楽しいのですが、デリケートゾーンに

 

関係する商品を今まで気にしたことはありませんでした。


改めて見てみると、デリケートゾーン用の商品って

 

意外とあるんだなぁ、という印象。


パッケージも普通の化粧品のようにお洒落で、

 

一見デリケートゾーン用だとは気づかないほどです。

 

ちょっと恥ずかしい部分の悩みなので、

 

その辺配慮されているんですかね。

 

デリケートゾーンのかゆみかぶれに効果的なクリーム

 

デリケートゾーンのにおい、蒸れ、不快感に効果的な石鹸や

ボディーソープ

 

そんなものがよく目につきました。

 

自分の悩みは陰部の黒ずみなので、ちょっと目的が違う

 

かなという感じです。

 

シミ消しクリームみたいな感じで、陰部にも使えるものが

 

あればいいのですが、陰部の黒ずみ対策として販売されて

 

いる市販薬は見つかりませんでした。

 

f:id:yoshii8:20170209213846j:plain

 

ドラッグストアに売っていたら、使い切ってまた同じものを

 

買おうと思う時に、すぐに買うことができますよね。

 

信販売だと注文してから到着まで日数がかかるし、

 

なんか購入手続きが面倒だったり。近所で気軽に買えるなら

 

途中でやめちゃったりせず、続けやすいかなぁと思ったのですが、

 

やはり陰部の黒ずみを解消する商品を見つけるのなら、

 

信販売に頼るしかなさそうです。

 

早速、ネットで調べてみると、陰部の黒ずみに

 

効果あるとされるクリームや美容液がたくさん出てきました。

 

人には言えない悩みの商品ってやっぱりみんなインターネットで

 

購入するのかもしれませんね。


配達の人に商品名がわからないようにするといった配慮を

 

してくれるところも!

 

こんなにあるの~?っていうくらいあって、

 

またいろいろ目移りしちゃいそうです。

 

 

 

市販品で陰部の黒ずみを改善できるのか

デリケートゾーンの黒ずみ

陰部の黒ずみは多くの女性を悩ませていますね。

みんなどうやってケアしているんだろう? 

って気になりませんか?

陰部の黒ずみは、メラニンの色素沈着によるものです。

顔などにできるシミだってメラニンの色素沈着ですよね。

ならば、美白効果のある化粧水やクリームで改善できる

のでしょうか?


美白効果成分の入ったスキンケア商品は使える?


陰部の黒ずみ、消したいのはわかりますが、美白成分が

入っているものなら何でもいいというわけにはいきませんね。

シミを改善させるための化粧水や美容液、その他いろいろ

販売されていますが、これらを陰部に同じように使用する

のはやめときましょう。

 

f:id:yoshii8:20170208224033j:plain

 

デリケートゾーンに使えると表記されているわけでもない

ですし、陰部の皮膚はとても薄くてデリケートなんです。

そこにもし刺激の強い成分の入った化粧水などを使用して

しまったら、かぶれや炎症を引き起こす可能性だってあるんです。


せっかく良かれと思って使用した結果、

そんなことになったらショックですよね。

 

余計黒ずみを悪化させることにもなりかねません。

 

陰部の黒ずみ解消アイテムは市販で買えるの?

 

結論から言うと、

陰部(デリケートゾーン)専用の黒ずみ解消クリーム等は、

市販で見かけないです。

 

ドラッグストアを探しても、見当たりません。

 

デリケートゾーン用の石鹸というので販売されているのは

一度見たことがあります。

化粧落としの置いてあるコーナーに置かれていましたが、

それもどのドラッグストアにも置いてあるわけではないようです。

 

「陰部の黒ずみを改善できるクリームはありますか?」

 

なんて、店員さんに恥ずかしくて聞けませんよね。

 

たとえ、ドラッグストアに売っていたとして、人に言えない悩み

の商品って買いづらいと思います。

レジに持っていくの抵抗がありませんか?

 

なので、そういった商品はインターネット購入する人が多いのです。


インターネットで検索すると、デリケートゾーンの黒ずみ解消クリームなど、

デリケートゾーンの悩みに合った商品がたくさんあります。

デリケートな部分に安心して使えるものですので、ご自分に合った

商品を探されてみてはいかがですか。