女性の綺麗を応援☆デリケートゾーンのニオイや黒ずみ・痒みをなんとかしたい!

女性のデリケートゾーンの悩みを解消!においや黒ずみ、乾燥、痒みなど様々なトラブルの原因と解決方法をまとめています。

女の子赤ちゃんは陰部がデリケート!ただれの原因は?

赤ちゃんのお肌はとてもデリケート。

 

陰部周りはとくにデリケートな部分ですが、

 

常におむつ をしている赤ちゃんは皮膚トラブルを

 

起こしやすいので す。

 

いわゆる「おむつかぶれ」といわれる皮膚炎

 

悩む ママも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの陰部がただれる原因は?

おむつかぶれによって、赤ちゃんの陰部が

 

ただれてしまう ことがよくあります。

 

初めての赤ちゃんを育てるママにとっては

 

どうしたらよいか、 とまどってしまいますよね。

 

自分でトイレに行けない赤ちゃんはおむつの中で

 

排尿、 排便します。

 

当然、陰部周り、肛門周りに尿や便の汚れが

 

ついてしまいます。

 

尿や便が赤ちゃんのデリケートな皮膚を刺激して

 

炎症をおこしてしまいます。

 

また、おむつの素材が肌に合わないとか、摩擦で皮膚を

 

傷つけた場合も肌の炎症を引き起こしてしまいます。

 

陰部がただれた時の治療方法

 

おむつ交換するたびに、ただれた赤ちゃんの陰部を

 

見るの はママにとっても辛いですよね。

 

ただれの度合いには個人差があると思います。

 

小児科の先生に診察してもらい、症状に合った

 

外用薬を処 方してもらいましょう。

 

炎症がひどい場合はステロイドを使用するかも

 

しれません ので、正しい使い方で処置してあげましょう。

 

 

f:id:yoshii8:20171216213209j:plain

▽赤ちゃんの陰部のお手入れ方法は

女の子の赤ちゃんの陰部は男の子よりも複雑なため、

 

どこ までどのように洗ったらいいのか初めてだと

 

不安ですよね。 陰部の外側だけでなく、割れ目の内側も

 

丁寧に洗ってあげましょう。

 

ただし、内側は粘膜となっており、もともと自浄作用が

 

あ るので、石鹸でゴシゴシ洗わずにシャワーで汚れを

 

流す 程度で良さそうです。 陰部の外側は石鹸等で

 

洗ってあげましょう。

 

ただし、赤ちゃんの肌にも使える優しい成分のものがお勧めです。

 

男の子の赤ちゃんの陰部は女の子より複雑な構造ではない

 

ので、洗いやすいかもしれませんが、しわになって

 

隠れて いる部分もよくチェックしてあげましょう。

 

女の子の赤ちゃんも男の子赤ちゃんも陰部周りが

 

デリケートなことに変わりはありません。

 

おむつは細目に取り替えてあげて、清潔な状態に

 

してあげ ましょう。 おしりや陰部を拭く時は、

 

赤ちゃん用のおしりふきを使う といいですね。

 

トイレットペーパーだと肌との摩擦が強く てただれの

 

原因となってしまうかもしれません。

 

専用のおしりふきがなければ、トイレットペーパーに

 

水を 含ませて、刺激を与えないようにしてあげましょう。

 

霧吹きを準備しておくと便利です!

 

強くこすらず、

 

ポンポンと優しくたたくようにするといいですね。

 

赤ちゃんには無添加ベビーソープがおすすめ!
 

赤ちゃんはとっても汗っかき! おむつの中で汗をかいて、

 

蒸れてしまった状態でいると あせもや痒みの原因にも

 

なってしまいます。 毎日のお風呂で汚れを綺麗に落として

 

あげましょう。 また、毎日使う石鹸にはベビー用の無添加

 

ものが おすすめです。 赤ちゃんは乾燥もしやすいですから、

 

お勧めは、泡で優しく洗える

 

赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》

<Dolci Bolle<ドルチボーレ>は、 ポンプ式だから

 

片手でも楽々♪

 

泡で洗うから、デリケートな赤ちゃんの肌を刺激しません。

 

大人も使える!
 
 年齢に関係なく、どなたでも使えるから、家族でこれ1本で
 
済んじゃいます。
 
無添加で低刺激ソープなので、デリケートゾーンや、
 
洗顔にも使えますよ! 赤ちゃんだけでなく、パパもママも
 
兄弟もみーーんなが 喜ぶソープです。

陰部が痒い!VIO脱毛でデリケートゾーンの蒸れを解消!

VIO脱毛は女性の身だしなみとして当たり前??

そこまでとは言わないけれど、VIO脱毛する女性が

多くなったのは確かです。

ビキニを着るのに、あそこの毛がボーボーでは、


はみ出してしまいますよね。

海水浴シーズンに近づくほどVIO脱毛をするため

脱毛サロンに駆け込む方も多いでしょう。

VIOとは

デリケートゾーンの、VラインIラインOライン

のことです。

VラインはビキニラインIラインは陰部の周り

Oラインは肛門周辺のことを言います。

VIO脱毛の目的とは

VIO脱毛の目的は、下着やビキニラインからアンダーヘ

アがはみださないようにするということと、衛生上の目

的もあります。

とくに、IラインとOラインの毛を処理することで、

デリケートゾーンの臭いの解消に繋がったり、雑菌の

繁殖を抑える、汗や生理中の不快感を軽減する、

などの効果もあります。

生理の経血やおりものがアンダーヘアについてしまって、

トイレットペーパーで拭いてもなかなか汚れが落ちないし、

面倒だと感じたことはないでしょうか。

アンダーヘアについた経血やおりものが臭いの元になる

ことがあります。そして、下着や洋服で締めつけられた

デリケートゾーンの環境はとても蒸れるのでとても

不衛生なのです。

f:id:yoshii8:20171215095857j:plain



みんなどこまで脱毛しているの?

他人が脱毛した後の状態を見ることができないので、

脱毛後のデリケートゾーンはみんなどうなっているのか、

気になりますよね。

毛の処理については、個人の好みです。Vラインの

処理範囲は調整できるので、どのような形にするのか、

カウンセリングできちんと話し合いましょう。

自然なのは、逆三角形の形ですが、楕円形にしたり、

細い形にしたりといろいろあるようです。

毛の量も相談して、どのくらい薄くするのか調整しましょう。

全部綺麗に脱毛してツルツルにする人もいます。

VIO脱毛は永久脱毛ではない

VIO脱毛は、永久脱毛ではないので、当然時期が来れば

また毛が生えてきます。

なので、何度か通う必要があります。

その分コストもかかるし、通う面倒さもありますが、

VIO脱毛はセルフケアは難しいし、仕上がりの綺麗な

脱毛サロンに行くのもおすすめです。

セルフケアをする場合は、デリケートゾーンを傷つけ

ないように気を付けましょう。デリケートゾーンを

傷つけてしまったら、黒ずみをつくってしまう恐れも

あります。乾燥にも注意なので脱毛後のケアも

怠らないようにしましょう。

一度VIO脱毛をするとやみつきになる!

という人もいるので、

やったことない方はぜひ一度試してみては?

デリケートゾーンの黒ずみをなんとかしたい!

美意識高い女性なら、いくつになっても見えない場所

だって綺麗にしていたいものです。

10代、20代には気にならなかったデリケートゾーンの

黒ずみも、30代、40代と年齢を重ねるごとに

気になったりしていませんか?

 

「あそこが黒い女性は遊び人」

なんて言葉は、なんの根拠もない都市伝説です。

 

デリケートゾーンの黒ずみと男性経験は関係ありません。

 

長年蓄積された黒ずみはとても頑固

 

黒ずみはメラニンの色素沈着がそもそもの原因です。

摩擦による黒ずみは避けては通れませんよね。

下着、ズボン、タイツ、ストッキング、生理用ナプキン、

トイレットペーパーなど、デリケートゾーンに直接触れる

ものや、締めつけて通気性を悪くしてしまう衣類。

そして、

長時間椅子に座っていたり、自転車に乗っていたりと、

デリケートゾーンは常に何かに触れている場所

ではないでしょうか。

こうやって長年蓄積された黒ずみはとても頑固なわけで、

そう簡単には白くはならないでしょう。

それでもケアしなければ、黒ずみはそのままなどころか、

さらに黒ずんでいってしまうかもしれません。

40代だって諦めてはダメ!

40代以降の方、もう年だからと諦めていませんか?

今の時代、40代50代といっても皆さん見た目がとても

若い人が多いですよね。

美意識が高く、いつも綺麗にしている人はとても

輝いています。

f:id:yoshii8:20171215094317j:plain



一方、お手入れを怠っている人はどんどん老け込んで

いくのです。

デリケートゾーンだって、綺麗にしていれば、

パートナーだって喜ぶかもしれません。温泉に行って

なにげに他人に見られているかもしれませんよ。

年を重ねても綺麗にしている人って素敵ですよね。

頑固な黒ずみどうケアする?

何もしないよりは、何かしたほうがいいに決まっています。

毎日のお風呂で、アルカリ性の石鹸でごしごし

洗っている人は、その石鹸の使用をやめましょう。

デリケートゾーン専用の石鹸やボディーソープに変えて、

肌への刺激をなくしましょう。デリケートゾーン用の

石鹸はにおいを抑えてくれたり、黒ずみにケアも同時に

できるものもあります。

ただし、石鹸で黒ずみが簡単におちるわけではありません。

肌にはターンオーバーがあり、古い角質層が剥がれて

新しい皮膚に生まれ変わるサイクルがあります。


f:id:yoshii8:20171215094248j:plain



そのためには、新陳代謝を活発にする必要がありますが、

40代ともなると新陳代謝が衰えてきます。

なので、意識して新陳代謝を活発にする努力も必要です

デリケートゾーンの黒ずみを改善させる専用のクリームを

使いながら、新陳代謝を上げるための生活習慣に

切り替えましょう。

黒ずみを改善するためのデリケートゾーン専用のクリームは、

効果を感じるには個人差があります。

それは、肌のターンオーバーにも個人差があるから

です。

最低でも数か月は使用を続けるつもりで。

根気よく続けることが大事ですよ!

デリケートな陰部が蒸れないための対策を知りたい

デリケートゾーンの悩み

におい、黒ずみ、痒み、乾燥など悩む女性も多いのでは?

夏の暑い季節や生理期間中は、おしりやデリケートゾーンの蒸れも

気になりませんか?

デリケートゾーンは皮膚もデリケートで薄いですから、

生理中にナプキンを使う事で痒みを感じることもあるでしょう。

ナプキンのサイズによっては、おしりまでカバーするほどの

サイズのものもありますから、おしりまでムズムズしてしまいます。

痒みがあると本当に辛いんですよね。

また、

デリケートゾーンの蒸れや摩擦は黒ずみの原因にもなってしまいます。

そこで気になるのが対策です。

上記のように蒸れには様々な要因がありますが、いち早く解決

するには下着選びは最も重要です。

摩擦の強い素材のものは黒ずみを作る要因にもなりますし、

通気性の悪いものも蒸れや痒みを発症させてしまいます。

下着やボトムス選び

そこで気になるのは実際にはどんな下着がいいの?

ということですよね。

下着は価格としてはピンからキリまであります。

高級だからといって、肌に優しいかと言ったら…

そう言い切れるわけでもありません。

実際に、私は蒸れからくるデリケートゾーンの酷い痒みに悩まされ

ていました。

その時にクリニックに行っていた事があったのですが、

その時の先生に実際に教えて頂いたことがあります。

『とにかく通気性が良く、刺激が少ないものを選ぶこと』が

大切だと。

通気性が良いということを考えると、

シルクは大変通気性が良いという話を聞きました。

シルクと言うと、やはり高級で価格も高いイメージがありますが

調べてみましたら手頃な値段で買えるものもありました。

その他には、やはりコットンや麻のような天然素材で作られた

下着がいいようですね。 これらは肌に優しく馴染み、

ゴワゴワ…チクチクするような感覚もないので、蒸れや痒みの

原因を作りにくいです。

デザインだけで選ぶ方も沢山いると

思いますが、私も含め下着の素材まで注意して見て購入する事は

何かキッカケがない限り、なかなかしないものです。

しかし、デリケートゾーンのトラブルを抱えている方は

是非、肌に優しい素材を選ぶということに重点を置いて

下着を購入してみると良いです。



スカートよりもボトムス派! という方もいると思います。

最近はぴったりサイズのボトムスが主流で良く見かけますが、

あまり股部分を締め付けすぎないものを選ぶのも一つの目安

となります。 下着プラスボトムスで締め付けると臭いや蒸れの

原因にもなります。

痒みの応急対策は?

やはり私のように酷い痒みや炎症にまで発展してしまった方は、

専門のクリニックで一度診てもらうことをお勧めしますが、

生理中や夏場の軽度のデリケートゾーンの痒みトラブルに

 

関しては 薬局なんかでも手軽にデリケートゾーン専用のクリームが

 

売られています。 

 

一時的ではありますが炎症や痒みを抑えてくれる成分が

入っているため、応急処置としては有効な方法の一つと言えるでしょう。