デリケートゾーンの臭い消しに効果的な方法とは?

デリケートゾーンの悩みにを解決!気になるデリケートゾーンの臭い消しに効果的な方法を紹介しています。

シャワーセペ(膣内洗浄)の使い過ぎは良くないってほんと?

デリケートゾーンのケアをするとき、外陰部は綺麗に洗うけど、膣内のケア方法はわからない、という方もいるかと思います。
膣内が汚れるのは当然です。生理もおりものも膣内から出てくるのですから。
体を洗うついでに、膣内まで洗うのは無理があります。膣内を洗浄するのであれば、シャワーセペがいいでしょう。
生理時にタンポンを使用しない人やシャワーセペを使ったことがない方は初め抵抗があるかもしれませんが、慣れれば不快だった部分がスッキリして気分もよいでしょう。
シャワーセペを使う理由は、長引く生理を1日でも早く終わらせたいとか、膣内を綺麗に洗浄したい、といった理由からだと思います。生理が終わりに近づいた頃、もう終わったかな?と思ってもまだダラダラと少量の経血が続くことがありますよね。その間、ずっとナプキンも使用し続けなければならないし、とても不快な状態が続くことになります。そんなときにシャワーセペを使うと、生理が早くなくなるし、不快感も軽減されます。

f:id:yoshii8:20161217140307j:plain

膣内、外陰部も含めデリケートゾーンの洗いすぎはよくないというのはよく知られたことです。洗いすぎによって自浄作用が失われ、雑菌が繁殖するからですよね。
シャワーセペも”使い過ぎ”は当然よくありません。

・膣内洗浄のやりすぎは、カビがはえて痒みが出る
・性交してないのに痒みが・・・病院で洗いすぎって言われた!

このように、洗いすぎによる痒みの症状がみられる場合もあるようですので注意しましょう。

シャワーセペは毎日使用するものではありません。生理の終わりかけや、おりものが多くて不快な時、または臭いがきになる時などで月に1回、多くても2~3回程度だと思います。

シャワーセペはそもそも膣内洗浄専用のものであり、精製水なので、生理の経血、おりもの、膣内のその他汚れ、それから臭いの元を取り除いて、自浄作用の回復を促してくれるそうです。
使い方に注意して上手に活用していくといいですね。

あそこの気になる臭い 聞きたくても聞けない彼の本音

あそこの臭いで悩む女性がたくさんいますが、自分自身が不快に思うだけの問題でもないようですね。
彼がいる場合、彼とのスキンシップ、性行為で彼にどう思われるか不安に思う女性も多くいます。
愛し合っている最中に彼が嫌そうな顔をしたとか、急に冷められてしまった、なんて経験はないでしょうか。
そんな時はもしかしたら、あそこの臭いを不快に思ってしまったからかもしれません。彼としては、正直に言うと彼女を傷つけてしまうかもしれないと思い、言葉にしない方もいるようですが、態度があきらかだと、「あそこが臭かったのかな」「嫌われちゃったかな」と思ってしまいますよね。
逆に、彼氏に「あそこが臭いからHしたくない」と、ストレートに言われる方も少なくないようです。気になっていたとはいえ、やはりストレートに言われるのはちょっとショックかもしれません^^;

f:id:yoshii8:20161217135011j:plain


実際、あそこの臭いに関して彼はどう思っているのでしょうか。本音が気になりますよね。
男性の方の意見として、やはりあそこの臭いが気になるという方は多いようです。

「正直おりもので冷めてしまったんですが・・・」
「彼女とエッチしたんですが、あそこの臭いが衝撃的でした」
「あそこが臭くて彼女とエッチする気になれない」

など。
「気にしない」「しょうがない」と思っている男性がいることも確かですが、できることならあそこの臭いを消して彼に嫌な顔されずに、愛されたいですよね。

あそこの臭い以外に、「黒ずみにドン引きされた!」なんて声もあります。

あそこの臭い、黒ずみに関しては、<自分が思うほど彼は気にしていない>ではなく、思っていた以上に気にしている、不快に思っているというのが男性の本音のようです。

あそこの臭いの対策として、デリケートゾーン専用の石鹸等を試してみましょう。また、肉類の食べすぎや、にんにくなど臭いのきつい食材も体の中から臭いを発する原因となるみたいなので、普段から野菜類をたくさん食べるよう食生活の見直しにも目を向けてみるといいでしょう。

デリケートゾーンの不快な臭いはストレスが原因も!

デリケートゾーンが臭うと、ちゃんと洗ってないからかなぁとか、性感染症を疑ったりしてしまいがちですが、
ストレスが原因になることもあるそうです。現代ストレスを抱えている人はたくさんいますよね。仕事、学校、人間関係、育児・・・。軽いストレスであれば問題なさそうですが、「ストレスは万病のもと」なんて言葉があるように、強いストレスを感じている方は要注意です。

f:id:yoshii8:20161217135114j:plain

何故ストレスがデリケートゾーンの臭いの原因となるのでしょうか。
ストレスによって免疫力が低下してしまうことがそもそもの原因のようです。仕事が忙しくて疲れがたまったとか、出産後に免疫力が落ちた時にうっかり風邪を引いてしまった、なんてことありませんか。弱った体だと細菌やウィルスに感染しやくなります。

デリケートゾーンも雑菌が繁殖しやすい場所である上に免疫力が下がると、さらに雑菌を繁殖させてしまいます。

風邪をひいて病院へ行くとたいてい、抗生物質の入った薬をもらいますよね。抗生物質の服用は風邪を治すためでもあり、悪いわけではないのですが、体の中に常勤する良い菌を殺してしまうこともあるそうです。そうすると抵抗力がないわけですからコントロールがきかなくなり、悪い菌を撃退できなくなってしまいます。
デリケートゾーンの臭いの原因がストレスだとはあまり考えつかないものですが、ストレスによって免疫力が低下することが、デリケートゾーンの臭いの原因に繋がるということを覚えておくといいでしょう。

デリケートゾーンの臭いの問題だけではなく、ストレスをため込むことは通常よいことではありません。もっと深刻な病気に繋がる恐れもありますので、日頃からストレスを溜めないよう心がけましょう。

アンダーヘアが臭いの原因になるかも!

日本の女性はアンダーヘアを剃るという感覚が欧米人にに比べても常識的ではないようです。
しかし、欧米人にとってアンダーヘアを剃る事はむしろ当たり前のことのようです。日本人女性は脇の毛を生えっぱなしにしておくのは恥ずかしいことで、剃るのが当たり前ですが、欧米人はどちらかというとアンダーヘアの処理の方が当たり前の感覚なんだとか!?

f:id:yoshii8:20161217143405j:plain


確かにリゾート地なんかでも、欧米人の方はきわどいビキニやTバック姿の方がほとんどですが、そういったものを綺麗に着るには、アンダーヘアの処理をしていないと無理ですよね。実際、Tバック姿の方を見て「アソコの毛の処理はどうしてるんだろう??」と不思議に思ったこともあります~~; 皆さんアンダーヘアはIラインまでも綺麗にしているようです。欧米人の方にとってはアンダーヘアを処理しないことは不衛生なことだという考えがあるようですね。


真夏の汗をたくさんかく季節や、生理中は、アンダーヘアがあると邪魔だなと思うことがよくあります。通気性の悪いデリケートゾーンで大量に汗をかき、蒸れてしまい、臭いの原因にもなってしまいます。アンダーヘアに雑菌が付着してさらに臭いがこもってしまわないようにしないといけませんね。
すそわきがで臭いがきつくて悩んでいる方は特に、アンダーヘアを剃って清潔な状態にしてあげるといいかもしれません。
全部綺麗にするのは抵抗があるのであれば、毛の量を少なくしてみるだけでも違うと思います。アンダーヘアの毛の量を少なくするだけでもとてもスッキリした気分になれます。生理中の時も経血を拭くときに楽だなぁと感じるでしょう。


Iラインの毛の処理は自分では難しそうですが、Vラインあたりなら自宅でも処理できそうですね。
できれば専門サロンに行くほうがいいのでしょうが、自宅で自分で処理したいという場合はいくつか方法があります。

まずは、ワックス。ブラジリアンワックスなど近頃では人気があるようです。ブラジリアンワックスは、煮詰めた水飴状のワックスを毛に絡ませてペーパーを当てて一気に抜き取ります。多少の痛みはあるようですが、手っ取り早く脱毛できるようです。
そして、気が遠くなりそうですが、毛抜きです。除毛剤なんかもありますが、デリケートな部分なので慎重に扱いたいものです。
炎症をおこしたりしたら大変ですので。
完全に抜き取らなくても、アンダーヘアの量を減らしたいという方には、アンダーヘア専用の処理器もあります。
ハサミやカミソリで無造作にカットすると毛先が太いままでチクチクしてしまうのですが、アンダーヘア専用で、熱で毛を焼きながらカットしていくものがあり、それだと毛先が自然な状態になるので、チクチク感なく仕上がりますよ。

臭いの原因を少しでも軽減させたければ、アンダーヘアの処理をお勧めします。

Iラインの毛は臭い対策に処理したほうがいいの?

デリケートゾーンの臭いの対策としてアンダーヘアにも気をつかいたいところです。
ビキニやTバックの下着、その他露出の多い服装を着る方にとっては、アンダーヘアの処理は日常的で当たり前のことかもしれませんが、そうでない方にとってアンダーヘアの処理は少し抵抗があるものではないでしょうか。
特にIラインの毛となると、なかなか自分で綺麗に処理するのは難しいですよね。
専門の脱毛サロンでやってもらうにしても場所が場所なだけに、少々恥ずかしいものです。それでも、Iラインの毛を処理することで臭いを軽減できるのであれば、実践したいですね。
実際、Iラインの毛を処理することで臭いの対策に効果があるのでしょうか。
結論をいうと、やはり効果は多少あるようです。誤解してはいけないのが、Iラインの毛を処理したからといって、デリケートゾーンの臭いが消えるということではありません。

生理中、トイレで経血を拭くときに毛が邪魔だなぁと感じたことはないでしょうか。どうしても排泄物や経血がIラインの毛に付着してしまいますよね。その上で汗をかいたり、ナプキンの使用や締めつけた服などで湿度の高い状態になったりすると、そこでまた雑菌が増えてデリケートゾーンの臭いの原因になりかねません。Iラインの毛を処理することで、デリケートゾーンの不快感を少しでも軽減できます。そして、衛生的にも良いといえるようです。

f:id:yoshii8:20161217135801p:plain

では、実際毛の処理はどうやってやったらいいでしょうか。
安易に自分でカミソリなどで処理するのは少々危険です。粘膜のある部位ですし、陰部の構造上カーブがあったり、形も複雑です。そもそも自分では見づらい場所なので、処理しにくいでしょう。
やみくもに、カミソリで剃ってしまうと、また毛が生えてきたときにチクチクして不快な感じになってしまいます。
できれば、脱門サロンで専門の方に処理してもらうのが一番いいですね。

デリケートゾーンの臭いのケアの面だけで考えると、Iラインの毛を処理することは望ましいことですが、彼に見られると恥ずかしいとか、彼がいいように思わないとか、そんな事情もあるかもしれませんね。
パートナーがいる方は、相談してみるのもいいかもしれませんよ。

 

女性のデリケートゾーン 意外と知らない洗い方

デリケートゾーンは角質層も薄く、とても敏感な場所でもあります。
顔のスキンケアで目の周りは皮膚が薄いからこすらずにケアしましょう、とよく聞きますが、デリケートゾーンも同じです。

綺麗にしようとして、強くこすったりしたことはないでしょうか。私は綺麗に洗おうとしてゴシゴシやってしまった後とても後悔したことがあります。なぜなら、ヒリヒリして痛くなってしまったからです。洗った後に湯舟につかったら傷口にしみて痛かったのを覚えています。

膣の中は自浄作用があります。善玉菌であるデーデルライン桿菌まで洗い流してしまうことで膣内に雑菌がかえって侵入、繁殖しやすくなってしまうのです。


また、膣の中にはデーデルライン桿菌というからだにはよい菌が常在しています。デーデルライン桿菌は、膣の中で乳酸を産生していて、酸性に保たれることで細菌感染を防ぐという役割があります。自浄作用と言われています。
せっかく膣内の良い環境を守っている菌があるのに、強く洗うことでこの菌をなくしてしまいます。そうすると、洗っているつもりでも逆に雑菌を増やしてしまうことになります。
ただゴシゴシ洗えばよいというものではないので、注意しなければなりませんね。

f:id:yoshii8:20161217143734j:plain


洗い方ですが、体を洗うタオルでなんとなく洗った気になっていませんか?
他の部分を洗った後のついでに、さらっとタオルでデリケートゾーンをなぞっただけの洗い方では、十分に汚れが取れたとはいえません。
デリケートゾーンはヒダがあり、複雑な構造をしていますよね。できれば、タオル等ではなく、指で優しくなでるようにひとつひとつの部分を丁寧に洗うのが望ましいです。その時に決して爪をたててはいけません。傷をつけてしまうことになりますので、爪が長い人は注意しながら洗ってくださいね。指の腹でやさしく・・・です。アンダーヘアも綺麗に洗ってあげましょう。

お湯の温度はぬるま湯程度がいいですね。熱すぎると刺激が強いので、デリケートゾーンの繊細な皮膚には適していません。

デリケートゾーン専用の石鹸等は様々なタイプのものがありますので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

すそわきがの手術方法と気になるその費用は?

すそわきがの手術にはいくつか種類があるようです。どんな手術方法なのか、またその手術にどれだけの費用がかかるのかなど、気になりますよね。
すそわきが手術は残念ながらほとんどの病院が保険適用外です。保険が効かないので全額自己負担になります。費用は病院によっても多少の差があるでしょうし、すそわきがの程度によっても費用の差があるでしょう。
ここでは、ボトックス治療、ビューホット治療、電気凝固法について紹介しています。


【ボトックス治療】

ボトックスというのは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種です。局所的に筋肉の動きを弱め、筋肉の収縮を抑制します。ボトックス治療は、ボツリヌストキシンを陰部に注射して汗を抑える治療になります。
手術時間は数分程度で、一度の治療で効果がすぐに現れます。しかし、永久的なものではなく、5~6か月位で効き目が切れてしまうので、繰り返し行うことになります。どちらかというと軽い症状の方向けで、ニオイが強すぎる場合には効果が得られないこともあります。他の方法に比べても手軽な方法であり、傷が残らないので切らずに手術をしたい方にはいいかもしれませんね。費用は10万円前後~。


【電気凝固法】

電気凝固法は、局所麻酔後、陰毛の毛穴ひとつひとつに細い電極針を刺して高周波電流を流す方法です。
アポクリン汗腺を熱凝固して破壊させます。メスを「入れないので手術後は普通に日常生活を送ることができます。ただし、アポクリン汗腺をすべて取り除くわけではないので、再発の可能性があり、数か月おきに治療を続けなければならないということもあります。費用は15万円くらい~。治療を何度かする場合はその都度費用がかかります。


【ビューホット治療】

こちらは最新の治療法だそうです。切らずに手術しますので傷跡が残りません。女性にとって傷跡が残らない方法はありがたいですよね。ボトックス治療は持続性がなく、繰り返し治療が必要になります。電気凝固法もまた一度では完治しない方法でしたが、ビューホット治療は一度の手術でオーケーです。ほとんどの方が完治したという報告もあるほど、高い治療効果が見られます。費用は30万円前後~。

20161217145252


費用については、あくまで相場です。症状の程度や、病院によって費用は異なりますので、治療法含め自分に適切な病院を選びましょう。