読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デリケートゾーンの臭い消しに効果的な方法とは?

デリケートゾーンの悩みにを解決!気になるデリケートゾーンの臭い消しに効果的な方法を紹介しています。

乾燥した陰部のケア方法

陰部の乾燥

陰部も乾燥するって知ってましたか?

 

陰毛で隠れていると、自分の陰部の状態って意外と

 

わからないものです。

 

陰部もきちんとケアしてあげないと、黒ずみはもちろんのこと、

 

乾燥したり、しわしわでハリがなくなったりしてしまいます。

 

乾燥すると痒みがでる場合があります。

 

かゆくなると、

 

かゆい → 掻く → カサカサになる

 

しまいには色素沈着を起こして黒ずみになってしまい、

 

悪循環ですね!

 

普段見ることのないデリケートゾーンもきちんとケアして

 

あげましょう。

 

サロンで脱毛後は保湿の為のケアをします。

 

自分で脱毛したときは、カミソリなどで剃ったあと

 

そのままにしていませんか?

 

デリケートな肌部分の脱毛後は乾燥しやくなっていますので、

 

必ず保湿が必要です。

 

デリケートゾーン専用のクリームや化粧水などで保湿して

 

あげるといいいでしょう。

f:id:yoshii8:20170206234549j:plain


我慢できないほどかゆみがひどかったり、

 

乾燥で肌がダメージを受けているようであれば、

 

婦人科や皮膚科で適切な処方を受けるといいですね。

 

ほっておくと症状が悪化する可能性もあるので、

 

自己判断はしないように。

 

市販の保湿クリームもありますが、

 

中でもワセリンは万能な保湿クリームで、

 

陰部にも使えます。

 

赤ちゃんの乾燥肌にもよく使われるものですよね。

 

一般的な保湿クリームですので陰部にも安心して

 

使うことができます。

 

自分の陰部をたまには確認してみて、保湿やくすみケアを

 

きちんとしてあげましょう。

 

すそわきがは人にうつすもの?遺伝しない人もいるってほんと?

すそわきがは人にうつしてしまうものなのか。

 

率直にいうと、人にうつすものではありません。

 

すそわきがは「病気」ではなく「体質」だからです。

 

風邪がウィルスによってうつるように、空気感染する

 

ものでもないし、接触によりうつることもありません。

 

においが強烈なので、

 

性行為の時にパートナーににおいが残ってしまうという

 

ことはありますが、それは一時的なものです。


ただ、遺伝する確率は高く、両親や片親、その他近い身内が

 

わきがである場合は、自分もわきが体質である可能性があります。

 

誰もが汗を分泌するアポクリン汗腺を持っているものの、

 

その数には個人差があり、わきが体質の場合、アポクリン汗腺

 

数がわきが体質でない方に比べて多いとされています。

 

さらに、活発に働いているため、アポクリン汗腺からの汗の量が

 

多くなり、いやなにおいを発してしまうのです。

 

遺伝の確立は多いものの、遺伝しないケースもあるので

 

あまり悲観的にならない方がいいですね。

 

陰部のにおいにはすそわきが意外にも原因がいろいろあります。

 

臭いからといって、すそわきがだと勘違いしてしまうことも

 

あります。

 

原因をきちんと知り、対策を考えましょう。

 

f:id:yoshii8:20170205154817j:plain

 


食生活は大事!

 


欧米の方に体臭がきつい方が多いのは、

 

食文化の違いもありますよね。

 

肉類、油っぽいものばかりでカロリーが高めの食材ばかり

 

食べていると体臭も気になってきてしまいます。


すそわきがは、手術などの治療で改善できるものですが、

 

一度食生活を見直してみましょう。

 

妊娠中のおりものの量に変化はある? 色やにおいは?

妊娠中のおりもの

妊娠前と妊娠中では、妊娠中の方がおりものの量が多く

なります。


おりものの量は個人差がありますが、人によっては、

おりものシートなどがないと過ごせないほど、

びっしょりになることも。

おりものは子宮の状態を示してくれる、健康の

バロメーターでもあります。

ちょっとした変化を見逃さないように、普段からおりもの

チェックをしてみましょう。

おりものは、下着やおりものシートに付着して乾燥すると

黄色く変色しますが、膣からおりてくるのは通常、

無色~乳白色のような感じです。

 

ところが妊娠初期、黄色のおりものが分泌されることがあ

ります。これは、子宮から分泌される黄体ホルモンが関係

しているようです。

受精卵を子宮内膜へ着床させるために黄体ホルモンが働き、

妊娠すると、黄体ホルモンがたくさん分泌されます。

黄体ホルモンには酸性の成分があり、おりものが黄色くなる

原因とされています。


なので、妊娠初期のおりものが黄色いっていうのは、

特に異常なことではありません。

 

陰部の痒み、悪臭のあるおりものは要注意!

妊娠初期の黄色いおりものは黄体ホルモンの影響で特に

問題ないとされていますが、強烈な臭いとともに陰部が

かゆかったり、痛みが伴う場合は感染症の疑いがあります。

妊娠期にそれを放置していると、細菌が子宮内に入り込んで

赤ちゃんに影響を及ぼすことにもなりかねませんので、

すぐに病院で検査をしましょう

f:id:yoshii8:20170131233251j:plain

 

妊娠中期はおりものが茶色い?

安定期に入る妊娠中期といわれる時期は、

お腹も少し目立つようになる頃です。

このくらいの時期なると、過去の子宮内の出血がおりものと

混ざって分泌されることがあり、おりものが茶色や茶褐色の

ような状態で出てくることがあります。

特に心配いらないのですが、大事な時期でもあるので心配で

あれば医師に相談してみましょう。


おりものの量が大量であれば、おりものシートを利用して

こまめに取り替えましょう。

布タイプのシートを使ったら快適だったという声もあり、

一度使うとやみつきになる方も。

陰部の痒みやかぶれ防止にもなるので、肌にやさしい下着や

おりものシートがおすすめです。

陰部のただれて痛みが辛い!原因は?

女性のデリケートな陰部は皮膚が薄く、刺激に弱い部分です。


そのせいか、陰部がただれて痛い、痒い、といった悩みを

持つ方が多いようです。

 

どうして陰部がただれるのか。様々なケースがあるようです。

 

摩擦による炎症

 

ただれるというのは皮膚になんらかの炎症があることを

 

いいますが、直接肌に触れる下着や衣類の摩擦は影響が

 

大きいようですね。


その他、生理用ナプキンやおりものシートも肌を刺激しやす

いものの一つです。


肌に合わない素材であると、肌がかぶれてしまったり、

 

痒くなってしまうことも。


陰部が痒くて掻いて、掻いて、掻きすぎた結果、

 

ただれてしまうといったこともあります。

 

陰部の洗いすぎに注意

 

洗い過ぎによって、陰部を傷つけてしまうことも。


陰部の臭いを気にして、つい洗いすぎてしまうと、

かえってよくありません。


ヒリヒリと痛くならないよう、優しく洗って

 

あげましょう。

 

細菌を寄せ付けない

陰部がただれたところに、排尿や排便、生理があると、

 

傷口に細菌が入り込んでしまうこともあります。

 

そうなると、さらに症状が悪化することにもつながり

 

ますので、陰部を清潔にする、生理用ナプキン、

 

おりものシートは細目にとりかえる、ということを

 

心がけましょう。

 

市販薬で治らない時は病院へ

陰部がただれると、日常生活が不快になりますよね。


症状がひどければ、歩くのも座るのも辛いかもしれません。


早く完治するには病院で適切な処置を受けるのが最も

 

良いはずですが、忙しくて病院に行くことができない

 

ときは、とりあえず市販の薬で乗り越えましょう。

 

デリケート用の薬として思い浮かぶのは、

 

CMでもお馴染みのフェミニーナ軟膏。


かゆみやかぶれの他、ただれ、皮膚炎にも効果が

 

あるとされているものです。

 

ただし、陰部のただれの原因が性感染症の場合も

 

あるので、痒みがひどいとか、おりものに異常が

 

あったり、悪臭がある場合は医師の診察を受けましょう。

デリケートゾーンの臭いを内側からケア フロプリーの評判

フロプリーの評判

デリケートゾーンの臭いを解消するために、デリケートゾーンを洗う専用の石鹸等はいろいろあります。ほとんどは外側からのケアですが、外側からのケアはもちろん、内側からもケアするフロプリーという商品をご存知でしょうか。
デリケートゾーンの臭いの原因に雑菌が繁殖するということがあります。デリケートゾーンに繁殖する雑菌臭はデリケートゾーン専用の石鹸等で解消できるかもしれませんが、体内からも臭いを発しているのです。それはアンモニア臭というものです。

ストレスによって体が疲れて免疫力が落ち、代謝の低下、内臓機能の低下を引き起こすことがあります。そうすると血中のアンモニアが流れ出し汗や皮膚を通してアンモニア臭を発するようになります。ストレスに限らず、便秘が続いていたり、飲酒によってもアンモニア臭を発生させてしまうそうです。体内から発生する臭いは、いくら石鹸等で洗って外側からケアしても消すことはできません。

f:id:yoshii8:20161217135259j:plain

そんな体内からのアプローチに注目したものがデリケートゾーンの臭いを内側と外側からケアするフロプリーです。
フロプリーは、サプリメントとボディーソープのセットになっています。
9割の方が効果を実感していて、評判もとても良いようです。

・持続力もよく、肌が弱い自分でも問題ありませんでした。

・1か月使用してみて臭いが気にならなくなった

・汗っかきですが、汗をかいても臭いが気にならなくなりました。

・デリケートゾーン以外にも足の臭いにも感じなくなりました。

気になる臭いは、デリケートゾーンだけではなく、ワキや足の裏もそうですよね。いづれもムレることで汗をかく場所で、多くの方が臭いを気にしています。汗をかくたびに拭いたりといった細目なケアには限界があるけれど、内側から臭いをケアしてくれるフロプリーなら安心です。 

 

シャワーセペ(膣内洗浄)の使い過ぎは良くないってほんと?

シャワーセペの使い方

デリケートゾーンのケアをするとき、外陰部は綺麗に洗うけど、膣内のケア方法はわからない、という方もいるかと思います。
膣内が汚れるのは当然です。生理もおりものも膣内から出てくるのですから。
体を洗うついでに、膣内まで洗うのは無理があります。膣内を洗浄するのであれば、シャワーセペがいいでしょう。
生理時にタンポンを使用しない人やシャワーセペを使ったことがない方は初め抵抗があるかもしれませんが、慣れれば不快だった部分がスッキリして気分もよいでしょう。
シャワーセペを使う理由は、長引く生理を1日でも早く終わらせたいとか、膣内を綺麗に洗浄したい、といった理由からだと思います。生理が終わりに近づいた頃、もう終わったかな?と思ってもまだダラダラと少量の経血が続くことがありますよね。その間、ずっとナプキンも使用し続けなければならないし、とても不快な状態が続くことになります。そんなときにシャワーセペを使うと、生理が早くなくなるし、不快感も軽減されます。

f:id:yoshii8:20161217140307j:plain

膣内、外陰部も含めデリケートゾーンの洗いすぎはよくないというのはよく知られたことです。洗いすぎによって自浄作用が失われ、雑菌が繁殖するからですよね。
シャワーセペも”使い過ぎ”は当然よくありません。

・膣内洗浄のやりすぎは、カビがはえて痒みが出る
・性交してないのに痒みが・・・病院で洗いすぎって言われた!

このように、洗いすぎによる痒みの症状がみられる場合もあるようですので注意しましょう。

シャワーセペは毎日使用するものではありません。生理の終わりかけや、おりものが多くて不快な時、または臭いがきになる時などで月に1回、多くても2~3回程度だと思います。

シャワーセペはそもそも膣内洗浄専用のものであり、精製水なので、生理の経血、おりもの、膣内のその他汚れ、それから臭いの元を取り除いて、自浄作用の回復を促してくれるそうです。
使い方に注意して上手に活用していくといいですね。

あそこの気になる臭い 聞きたくても聞けない彼の本音

あそこの臭い×彼の本音

あそこの臭いで悩む女性がたくさんいますが、自分自身が不快に思うだけの問題でもないようですね。
彼がいる場合、彼とのスキンシップ、性行為で彼にどう思われるか不安に思う女性も多くいます。
愛し合っている最中に彼が嫌そうな顔をしたとか、急に冷められてしまった、なんて経験はないでしょうか。
そんな時はもしかしたら、あそこの臭いを不快に思ってしまったからかもしれません。彼としては、正直に言うと彼女を傷つけてしまうかもしれないと思い、言葉にしない方もいるようですが、態度があきらかだと、「あそこが臭かったのかな」「嫌われちゃったかな」と思ってしまいますよね。
逆に、彼氏に「あそこが臭いからHしたくない」と、ストレートに言われる方も少なくないようです。気になっていたとはいえ、やはりストレートに言われるのはちょっとショックかもしれません^^;

f:id:yoshii8:20161217135011j:plain


実際、あそこの臭いに関して彼はどう思っているのでしょうか。本音が気になりますよね。
男性の方の意見として、やはりあそこの臭いが気になるという方は多いようです。

「正直おりもので冷めてしまったんですが・・・」
「彼女とエッチしたんですが、あそこの臭いが衝撃的でした」
「あそこが臭くて彼女とエッチする気になれない」

など。
「気にしない」「しょうがない」と思っている男性がいることも確かですが、できることならあそこの臭いを消して彼に嫌な顔されずに、愛されたいですよね。

あそこの臭い以外に、「黒ずみにドン引きされた!」なんて声もあります。

あそこの臭い、黒ずみに関しては、<自分が思うほど彼は気にしていない>ではなく、思っていた以上に気にしている、不快に思っているというのが男性の本音のようです。

あそこの臭いの対策として、デリケートゾーン専用の石鹸等を試してみましょう。また、肉類の食べすぎや、にんにくなど臭いのきつい食材も体の中から臭いを発する原因となるみたいなので、普段から野菜類をたくさん食べるよう食生活の見直しにも目を向けてみるといいでしょう。