読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デリケートゾーンの臭い消しに効果的な方法とは?

デリケートゾーンの悩みにを解決!気になるデリケートゾーンの臭い消しに効果的な方法を紹介しています。

女性のデリケートゾーン 意外と知らない洗い方

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンは角質層も薄く、とても敏感な場所でもあります。
顔のスキンケアで目の周りは皮膚が薄いからこすらずにケアしましょう、とよく聞きますが、デリケートゾーンも同じです。

綺麗にしようとして、強くこすったりしたことはないでしょうか。私は綺麗に洗おうとしてゴシゴシやってしまった後とても後悔したことがあります。なぜなら、ヒリヒリして痛くなってしまったからです。洗った後に湯舟につかったら傷口にしみて痛かったのを覚えています。

膣の中は自浄作用があります。善玉菌であるデーデルライン桿菌まで洗い流してしまうことで膣内に雑菌がかえって侵入、繁殖しやすくなってしまうのです。


また、膣の中にはデーデルライン桿菌というからだにはよい菌が常在しています。デーデルライン桿菌は、膣の中で乳酸を産生していて、酸性に保たれることで細菌感染を防ぐという役割があります。自浄作用と言われています。
せっかく膣内の良い環境を守っている菌があるのに、強く洗うことでこの菌をなくしてしまいます。そうすると、洗っているつもりでも逆に雑菌を増やしてしまうことになります。
ただゴシゴシ洗えばよいというものではないので、注意しなければなりませんね。

f:id:yoshii8:20161217143734j:plain


洗い方ですが、体を洗うタオルでなんとなく洗った気になっていませんか?
他の部分を洗った後のついでに、さらっとタオルでデリケートゾーンをなぞっただけの洗い方では、十分に汚れが取れたとはいえません。
デリケートゾーンはヒダがあり、複雑な構造をしていますよね。できれば、タオル等ではなく、指で優しくなでるようにひとつひとつの部分を丁寧に洗うのが望ましいです。その時に決して爪をたててはいけません。傷をつけてしまうことになりますので、爪が長い人は注意しながら洗ってくださいね。指の腹でやさしく・・・です。アンダーヘアも綺麗に洗ってあげましょう。

お湯の温度はぬるま湯程度がいいですね。熱すぎると刺激が強いので、デリケートゾーンの繊細な皮膚には適していません。

デリケートゾーン専用の石鹸等は様々なタイプのものがありますので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。