デリケートゾーンの臭い消しに効果的な方法とは?

デリケートゾーンの悩みにを解決!気になるデリケートゾーンの臭い消しに効果的な方法を紹介しています。

シャワーセペ(膣内洗浄)の使い過ぎは良くないってほんと?

デリケートゾーンのケアをするとき、外陰部は綺麗に洗うけど、膣内のケア方法はわからない、という方もいるかと思います。
膣内が汚れるのは当然です。生理もおりものも膣内から出てくるのですから。
体を洗うついでに、膣内まで洗うのは無理があります。膣内を洗浄するのであれば、シャワーセペがいいでしょう。
生理時にタンポンを使用しない人やシャワーセペを使ったことがない方は初め抵抗があるかもしれませんが、慣れれば不快だった部分がスッキリして気分もよいでしょう。
シャワーセペを使う理由は、長引く生理を1日でも早く終わらせたいとか、膣内を綺麗に洗浄したい、といった理由からだと思います。生理が終わりに近づいた頃、もう終わったかな?と思ってもまだダラダラと少量の経血が続くことがありますよね。その間、ずっとナプキンも使用し続けなければならないし、とても不快な状態が続くことになります。そんなときにシャワーセペを使うと、生理が早くなくなるし、不快感も軽減されます。

f:id:yoshii8:20161217140307j:plain

膣内、外陰部も含めデリケートゾーンの洗いすぎはよくないというのはよく知られたことです。洗いすぎによって自浄作用が失われ、雑菌が繁殖するからですよね。
シャワーセペも”使い過ぎ”は当然よくありません。

・膣内洗浄のやりすぎは、カビがはえて痒みが出る
・性交してないのに痒みが・・・病院で洗いすぎって言われた!

このように、洗いすぎによる痒みの症状がみられる場合もあるようですので注意しましょう。

シャワーセペは毎日使用するものではありません。生理の終わりかけや、おりものが多くて不快な時、または臭いがきになる時などで月に1回、多くても2~3回程度だと思います。

シャワーセペはそもそも膣内洗浄専用のものであり、精製水なので、生理の経血、おりもの、膣内のその他汚れ、それから臭いの元を取り除いて、自浄作用の回復を促してくれるそうです。
使い方に注意して上手に活用していくといいですね。